旅先で体調を崩す

私の一家は、昔から旅行に行くと、必ず誰かが体調を崩します。ある時は、車酔いでホテルでの高価な料理を食べられずに寝たきりになる母。またある時は、出かけた先で熱を出す父。夜はうなされている父を心配し、ゆっくり眠れたもんじゃない。
自分もよく、旅行先では体調を崩しがち。中学の修学旅行では、前日に熱を出し、完治しない状態での旅行。ホテルは、2人組み一部屋でお泊り。消灯時刻になり、寝るとなってからも、咳が収まらず、「うるさくてごめんね、ごめんね」と、一緒の部屋の友達に謝り続ける始末。
また、高校の修学旅行ではイタリアに行った私。そのイタリアまでの飛行機の移動時間が12時間ともあり、乗り物酔いをする私は一人ダウン。イタリアについてからも、体調は回復せず。これまた一緒の部屋だった友達に心配されつつ、なんとか次の日には回復。おかげで、私にとって、ホテルはあまりテンションが上がるイメージがつかなくなった。友人や家族との旅行の時は、ホテルは誰かと一緒の部屋で眠ることが多いため、気を使ったり、使わせたりしてしまう。だったら、最初から寝る部屋は別々にしたりするという手段も考えるといいかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017ホテルスタッフのホスピタリティについて.All rights reserved.